気密処理お役立ち情報!業者の選び方を知っておこう

MENU

社内文書をリサイクルへ

男性

スピーディーで安全な廃棄

現在、大多数の企業が、文書の電子化を進めています。企業内の文書というものは、年を追うごとに増え、その数は膨らむ一方です。そのような文書を管理するためには、どうしてもデータベース化を進める必要があります。そして、文書のデータベースを作成することによって、機密文書の管理も万全なものになります。また、社内文書が改定や変更された場合も、電子媒体であれば楽に作業ができます。ただ問題なのは、機密文書を電子化した際に、これまで紙ベースで保存していた物をどうするかという点です。紙ベースの文書も保管し続けるという選択もありますが、あまりに古い物を取っておくのは利点がありません。時期を決めて廃棄処理に回すのが得策です。しかし、古い文書であっても、機密性の高い文書をそのままゴミとして排出するのは感心できません。機密文書の廃棄処理は、専門業者に委託することがお勧めです。そして、処理業者を選ぶ時は、事前に担当者が説明に来てくれる会社を選ぶことです。機密文書の廃棄処理は、幾つもの手順があるので、電話だけの説明で終わらせる業者は考え物です。そのことは、定期的な処理委託をする場合も、不定期の委託でも同じことが言えます。廃棄委託された機密文書は、翌日には溶解処理を施され、判読される心配はなくなります。この手順で処理された文書は、リサイクルペーパーなどに生まれ変わります。環境企業として位置づけがある会社は、そのようなエコ処理についての証明書を発行してもらうことも忘れてはなりません。

Copyright© 2017 気密処理お役立ち情報!業者の選び方を知っておこう All Rights Reserved.