引越しを考えているなら流れを知っておこう

女の人

新居だけじゃなく旧居でも

引っ越しを行う際、新居の周りには挨拶を行わなければいけないという点に関しては多くの人が理解していますが、旧居の周りはどうすればいいのかわからないという人も少なくありません。旧居の周りも引っ越しで迷惑を欠けますので、きちんと挨拶を行っておきましょう。

荷物が少ない時の流れ

婦人

業者の選択肢はたくさん

福岡から東京などへ入学などで引越しをするときには、手続きと物の移動の大きく2つの流れがあります。ここでは、引越し業者を決めてから荷物を引きとるまでの流れについて説明します。福岡から家族での引っ越しの場合には引越し業者はたくさんありますが、福岡から単身での引っ越しの場合は、比較にならない程の業者の数があります。全国展開している大手や福岡地盤の中小業者、それに宅配サービスの単身者パックも使うことができます。大きな家電製品は引越し先で購入するのであれば軽運送業を頼んで荷物運びは自分も手伝う方法もあります。どこまで自分で行うかも含めて、できるだけ多くの業者に見積もりをもらうようにしてください。価格と仕事内容で業者を決めたら、荷造りを行います。荷造りに使う資材はスーパーから無料でもらってくるものを利用しても良いですし、荷物が多くなりそうな場合には引越し業者が用意してくれる段ボールを使った方が、運びやすく破損しにくいためお勧めです。トラックへの運びこみは業者との契約で見守るだけで良い場合もあれば、運び込みを手伝うこともあります。荷物の受け取りは必ず立ち会う必要がありますので、指定時間に必ず新居に移動しておくようにしてください。作業員を待たせる様なことがあると別料金が発生することがあります。初めて一人暮らしをするときには不安も多く、引越し後の負担を減らすためにも清々とした流れで引越しができれば翌日以降に余裕を残しておくことができます。

作業員

引越す時の手続きは

引越しすることになり、業者や日程が決定したら、荷物の梱包と同時に、転居に際するさまざまな手続きをする必要があります。当日の1〜2週間前ぐらいに手続きができるよう、リストを作り早めに準備しておくことがおすすめです。

ダンボール

大手業者が人気の理由

多くの引っ越し業者がある中でも大手の引っ越し業者は高い人気があります。料金は他業者と比べると安価ではないのに人気になっているのは、高い信頼感によるものです。大手業者であっても多彩なサービスや値引き交渉で安くすることはできます。